ご挨拶


 有限会社ニュー興楽は、昭和56年10月1日の設立以来、一貫して地域密着型店舗として地道に歩んでまいりました。バブル経済の崩壊、情報通信技術の飛躍的且つ急激な進歩、普及は、従来の産業構造に地殻変動を巻き起こし、都市部のみならず地方においても地場産業の衰退、公共事業の相対的な減少など、地域経済に少なからず影響を与えています。今日の国民生活は、総中流意識という「豊かさ」から乖離しはじめ、改めて、その言葉の真の定義を模索はじめています。ニュー興楽は、この「豊かさ」の時代性をキーワードにパチンコ、音楽歌唱施設(カラオケ)、マージャン店を運営する総合レジャー企業です。ご承知の通り、パチンコは、周辺も含め約20兆円産業という巨大市場であり、プレーヤー人口は、推定1000万人とされています。近年、異業種における変革と同様、これまで保守的イメージの強かったこの業界にも、新たな潮流が芽生えようとしています。価値観の多様化により、店舗一店一店の在り方は、お客様と時間を共有する空間として、これまで以上に大きな意味合いを持つようになりました。

 有限会社ニュー興楽は、今年、設立28年目を迎えるにあたり、一層の情報公開による「安心」「健全」は元より、もう一度原点に立ち返りつつ、お客様一人一人及び地域の皆様と共に21世紀のレジャーコンセプトを創造し、進化いたします。




              代表取締役社長 李 生美